制御盤が果たす役割

制御盤とは

制御盤とは、電動の機械装置や設備(プラント)を動作・運転する際に必要な、制御機器を収納している盤です。
制御盤の扉面には、押釦スイッチやタッチパネルを操作することにより、機械を単独又は関連機器を自動的に動作させ、お客様ニーズに合った運転を行える様に設計・製作します。

機械装置『制御盤は工場の自動化のため』や『一般の人には関係ない』と思われがちですが、昨今では『遊園地のアトラクションの制御』や『農業や畜産業の分野』でも使用されています。
最も身近なところでは、交差点等の信号機にも制御盤が使用されています。

制御盤にも色々な制御方式があり、リレーやタイマ回路で構成された『リレー制御盤』や、シーケンサやタッチパネルを使用し、複雑な自動制御が可能な『PLC制御盤』等があります。

制御方式と同様に制御盤の形状にも色々あり、下記写真の様な『自立型』や壁に設置する『壁掛け型』、自立型にするには小さい制御盤では『スタンド型』や『架台型』があります。

設置する場所に因っても形状が違い、建物の中に設置する場合は『屋内型制御盤』、建物の外に設置する場合は『屋外型制御盤』となり、屋外型の制御盤の天井には屋根が付きます。それ以外に、機械装置に組み込む様な制御盤は、『パネル型』の制御盤といい、外箱がない形状の制御盤もあります。

機械設備(プラント)

←一般的な見積金額の算出方法制御盤の設計・製作のポイント→

ご質問・お見積もり依頼 お問い合わせフォームはこちら 03-3654-5957 受付時間 9:00~18:00