ユニットのメンテナンス性向上のための配線方法

Before

ユニットのメンテナンス性向上のための配線方法

ユニットのメンテナンス性向上のための配線方法

固定リピート品とは違い、需要化設備に都度対応した制御盤の部品選定には汎用性、拡張性が求められます。余程の特殊部品で無い限り、改造・変更・更新予定が立ってから部品調達するので、部品によっては納期のかかる場合があり、制御盤の改修工事が完了するまでに長い期間を要することがあります。

After

ユニットのメンテナンス性向上のための配線方法

ユニットのメンテナンス性向上のための配線方法

主にメーカー標準納期が早い部品で制御盤を構成にすることにより、部品の故障の際に交換対応や仕様変更時のリプレース、追加等にも迅速に対応することが可能となります。また、メーカー違いでも同等品を確保することが容易になります。

Point

主要機器メーカーの標準部品を念頭に置いた、制御盤の設計段階からのアプローチ、機器選定と、新製品、生産中止予定品等まで考慮することで、メンテナンス性に優れた制御盤にすることができます。

ご質問・お見積もり依頼 お問い合わせフォームはこちら 03-3654-5957 受付時間 9:00~18:00